真空成形金型

真空成形とは

真空成形の基礎知識

真空成形とは、加熱、軟化させた樹脂のシート材を型の上に置き、シートと型の間の空気を抜き、大気圧で密着させて成形する加工方法です。食品パック容器やトレイ、機械部品などの成形に使われます。単発真空成形と連続真空成形の2種類があります。

真空成形の基礎知識

連続真空成形

ロール状に巻いたシートやフィルムを、加熱から冷却、取り出し、抜きの工程を連続的に行う成形方法。巻物の発泡シートにも対応でき、大量生産が可能です。

  • ヒーターで加熱したシートが
    型の上に進行します

  • 型が上昇します

  • 真空に引き、冷却へ

  • 型をのせたテーブルを下げる
    4工程を連続して行う成形方法

お気軽に
ご相談ください
06-6782-4245